神殿とは何ですか

神殿は聖なる礼拝の場所であり,神に近づく場所です。

...
Overview of holy temples 
1:36
Download

神の宮

神殿は文字通り,地上に建てられた神の家です。個人が神と神聖な約束を交わし,御霊の平安を感じ,大忙しの日常から逃れるために行くことができる場所です。

神殿の歴史

神殿はずいぶん前からあります。聖書には美しいソロモンの神殿について詳細に記録されています。モーセは幕屋を持っていました。イエスはエルサレムの神殿で教えました。今日,世界中で150以上の神殿があり,末日聖徒イエス・キリスト教会の忠実な会員が礼拝し,熟考し,神の幸福の計画についてさらに学ぶために訪れています。

神殿について学ぶ

神殿の祝福

神殿は主の宮なので,訪れると神を特に近く感じることができます。それにより,困難なときには希望を,生活に導きが必要なときは指示を与えられます。

神殿は,神がわたしたちに与える最も偉大な祝福を受けられる場所でもあります。神殿で結婚した夫婦は,「死が二人を分かつまで」ではなく,「この世においても永遠にわたっても」結ばれるのです。神殿は,先祖やすでに亡くなった愛する人たちのために奉仕する場所でもあります。もしこの世で機会がなかったのならば,彼らの身代わりとなって(バプテスマなどの)儀式を行うのです。

神殿は集会所とは異なります

通常の日曜礼拝は,毎週世界中の集会所で行われ,訪問者は常に歓迎されます。それらの建物は,近所にある礼拝堂かもしれませんし,都市のビルにある賃貸スペースかもしれません。どちらの場合も,教会員は日曜学校や聖餐(ミサ),そして説教を聞くために集まります。平日には,青少年の集会やスポーツなどの活動も行われます。

家族を教会に連れてくる

よくある質問

 

「モルモン」,もう少し丁寧に呼ぶならば「末日聖徒イエス・キリスト教会」の会員については,多くの質問があることでしょう。

イエスは,天の王国に入るにはバプテスマが必須であると教えました。しかし,バプテスマを受けることなく,またはイエスについて知ることさえなくて亡くなった人たちはどうなるのでしょうか。彼らはどうすれば救われるのでしょうか。

幸いなことに神は愛情深く,たとえ亡くなった後であっても,だれもがすべての祝福を受けられるように方法を備えました。神殿では,バプテスマや他の不可欠な儀式を受ける機会がないまま亡くなった人の身代わりの儀式が行われます。使徒パウロは聖書の中で死者のためのバプテスマについて語っており(1 コリント15:29参照),末日聖徒イエス・キリスト教会の会員は今日も神殿において同じ儀式を行っています。

その仕組みはこうです。末日聖徒は家族歴史を調べ,バプテスマを受けずに亡くなった先祖の名前を探します。それから,その人たちのために教会員が神殿で身代わりのバプテスマを受けます。この奉仕は愛のゆえに行われます。死後も人生は続くので,亡くなった人はこの儀式を知って,受け入れるかどうかを選ぶことができます。

わたしたちの幸福のためにある神の計画において,家族はその中心を成すものであり,結婚は「死が二人を分かつまで」を越えて続きます。神殿における結婚の儀式で,夫と妻は永遠に結ばれます。この結婚の儀式は,夫婦がこの世と永遠にわたって結ばれるため,「結び固め」と呼ばれます。新婦と新郎は,お互いを完全に愛し尊ぶことを約束し,イエスの教えと模範に従うと決意します。夫婦がそれらの約束を守るなら,その結婚と家族は次の世においてもへと続くことがと約束されています。

場合によります。神殿は,神殿で最もすばらしい経験ができるよう準備を重ねてきた教会員にだけ開かれています。しかし神殿が新たに建てられたときや,他の特別なときには,オープンハウスが開催され,一般の人が内部を見て回ることができます。また,多くの神殿には訪問者センターや庭園 があり,だれでも入れます。

ほかのテーマを探す

教会はどのようなものですか?

教会は混沌とした日常生活からの避け所であり,神を礼拝し,隣人を愛することに心を向ける時間です。

あなたの家族は永遠に続くことができます

イエス・キリストが,わたしたちが死後家族や先祖と再会することを可能にします。

死後の世界は存在する

わたしたちは天国で愛する人々とともに住むことができます。

宣教師について

宣教師は,神の計画とイエス・キリストの神聖な使命についての幸福のメッセージを分かち合います。
Mormon.org Chat is typing...