モルモン書とは何ですか?

モルモン書はイエス・キリストについてのもう一つの証です

...
60秒で分かるモルモン書
1:22
ダウンロード

モルモン書について知るべき4つのこと

モルモン書はイエスについて教える古代の記録です。モルモン書に登場する男女や家族は,わたしたちと同じく人生の困難に苦闘した人々です。わたしたちは彼らの物語に自分自身を当てはめることができます。より良い人になり,イエスのように人々を助けたいという気持ちになるのです。この神聖な書物について知るべき4つのことをご紹介します。

1.モルモン書は聖書と同じように神の言葉である

神は聖書においてモーセやノアに語られたのとまったく同じように,古代アメリカ大陸の預言者たちにも,主の教えと律法を記録として保存するよう指示されました。それらの記録はやがて,モルモンという名の預言者によって集められ,一つの本になりました。モルモン書の言葉は,イエスの生涯や教導の業,わたしたちが罪から救われ,死を克服できるように主がしてくださったことを再確認するものです。実際,モルモン書のハイライトは,イエスが古代アメリカ大陸の民を訪れられた場面です。

聖書の中で使徒パウロはこう教えています。「すべての事がらは,ふたりか三人の証人の証言によって確定する。」(2コリント13:1)神は重要な原則を教えられるとき,それを裏付けるために他の情報源をもたらされます。モルモン書と聖書は,互いの証です。今日では多くの人が神や宗教から離れて漂っていますが,神の言葉に対する証が複数あるということは,行くべき道にとどまる助けとなります(2ニーファイ29:7-8参照)。

モルモン書が真実がどうか知る

2.人生に平安と意義を与えてくれる

モルモン書は,平安と幸福に満ちた人生を送るためのガイドブックです。

現代の使徒マリオン・G・ロムニー管長は,モルモン書を読むときに次のような結果がもたらされると約束しています。「このすばらしい書物のもたらす精神が家中にみなぎり,一人一人の心の中にあふれるに違いありません。敬虔の念,お互いの尊敬と思いやりの念がさらに深められ,相争う気持ちが姿を消すようになります。また両親はより一層の愛と知恵をもって,子供たちを教え,子供たちも親の言葉により素直に聞き従うようになります。そして,正義を愛する精神が高まり,信仰,希望,慈愛,すなわちキリストの純粋な愛が家の中にあふれ,安らぎ,喜び,幸福感に満ちた生活ができるようになります。」(「モルモン経」『聖徒の道』1980年9月号,102参照 )

3.何百万もの人々がモルモン書を読んでいる

世界中で何百万もの人が,母国語でモルモン書を読んでいます。人々はモルモン書が神の言葉かどうかを祈りによって尋ね求め,確かにそうであるという答えを得てきました。モルモン書には,それが真実かどうか神に尋ねるならば,神がこたえてくださるという約束があります。これは別の質問につながっていきます。「もし神からこたえを受けたなら,あなたはそれに従いますか?」

4.無料のモルモン書を玄関先で受け取ることができる

モルモン書をご希望の場合,無料で受け取ることができます。住んでいる場所にかかわらず,地域の代表者が個別に本をお届けします。モルモン書の中から,幾つかお気に入りの話をご紹介することも可能です。

一緒にモルモン書を読みませんか

よくある質問

以下は,モルモン書に記された千年規模の長編歴史を短くまとめた概要です。

基本的に,モルモン書はある家族についての物語です。リーハイはエルサレムに住む預言者でした。神は夢の中でリーハイに警告し,もうじきエルサレムは占領されるので,家族を連れてその地を離れるようにと指示されました。一家は海を渡ってアメリカへ向かいました。リーハイの年長の息子であるレーマンとレムエルは,父親が神から霊感を受けたことを信じませんでした。その二人の弟ニーファイは,信仰深い人でした。ニーファイは家族を導き教える者となるように,神から選ばれたのです。

民は最終的に二つのグループ,ニーファイ人とレーマン人に分かれていきました。両者は度々戦いを交え,イエスに対する彼らの信仰は常に試されました。その信仰は,力強い説教や人生の教訓,霊的な経験という形でモルモン書に描かれています。

イエスは復活された後,アメリカ大陸の民に姿を現されました。主はバプテスマや赦しについて教えられました。病気の人を癒し,子供たちを祝福しました。主は御自分の教会を設立されました。エルサレムの民とは異なり,アメリカ大陸の民はイエスに耳を傾けました。主の訪れの後,彼らは数何百年の間,平和に暮らしました。

時がたつにつれて人々は信仰を失い,再び戦争を始め,人々はほぼ全滅しました。

聖書と同じように,モルモン書には多くの著者がいます。およそ1,000年以上にわたり,代々引き継がれて記されてきた日記や歴史を集めたものです。最初の著者は預言者ニーファイです。彼は紀元前600年ごろ,家族とともにエルサレムを離れてアメリカにやって来ました。ニーファイはその記録を弟に渡し,その弟は自分の息子へと渡しました。著者は常に,自分が信頼する相手にその記録を渡していったのです。モルモンは,すべての記録を一つの本にまとめた預言者でした。そのために,この本はモルモン書と呼ばれています。
 1823年,ジョセフ・スミスはこれらの古代の記録へと導かれ,神の力によって記録を翻訳しました。

モルモン書は聖書を裏付けるものであり,しばしばイエス・キリストの教えを明確にしてくれます。例えば,聖書にあるマルコの福音書とルカの福音書はイエスについての同じ物語を伝えていますが,二つの視点から読むことによって,より多くを学ぶことができます。

モルモン書と聖書を合わせると,何千年分もの価値ある霊感と導き,指示が記されています。それらは,神が世界のあらゆる場所で人々を愛し,導いておられることを示すものです。両方の書物を学ぶことにより,神がどのような御方で,わたしたちに何を望まれているかをより深く理解することができます。

ほかのテーマを探す

聖書は何を教えていますか?

聖書は,歴史を通して神がその子供たちを愛するのをやめたことは一度もないと教えてくれます。

死後の世界は存在する

わたしたちは天国で愛する人々とともに住むことができます。

人生の目的

人生は,成長し,信仰によって生活し,幸福を見出し,神の家へと帰る準備をする時です。

イエス・キリストの教会

イエスは地上におられたとき,御自身の教会を設立されました。今日,それとまったく同じ教会が存在しています。
Mormon.org Chat is typing...