福音の原則

福音の核となる原則は,信仰,悔い改め,バプテスマ,そして御霊を受けることです。

信仰

信仰は福音の第一原則です。信仰があると,見えないけれども存在していると知っていることを信じます。太陽が毎朝昇ると知っているのと同じように,神が実在することも知ることができます。

神の約束を試し,祝福を目にすることによって,信仰が築かれます。例えば,わたしたちが祈るときに神はこたえると約束しました。祝福を目にする前にまず祈らなければなりません。モルモン書では,信仰を種にたとえています。まず心に信仰の種を植える必要があり,それは成長し始めます。忍耐強く栄養を与え続ければ,わたしたちの信仰は木のように強く育ちます(アルマ32:27-42参照)。

信仰を育てる。モルモン書を読む。 

悔い改め

神は愛情深く,神の子供たちが赦しを求めるたびに赦すと聖書は教えています。わたしたちが悔い改め,変わるならば,神はわたしたちの過ちを赦してくれます。その代わりにわたしたちは,イエスの模範に従ってほかの人々を赦さなければなりません。

悔い改めとは,謝るだけではありません。変わりたいという心からの願いから始まります。神と悪いことをした相手に罪を告白し,可能ならば償い,同じ罪を二度と犯さないようにします。もちろん常に完全であることはできませんが,誠実に努力するならば,再び清くなれるようにイエス・キリストの恵みが助けてくれるでしょう。

バプテスマ

バプテスマは聖約,つまり神との約束です。バプテスマを受けるときに,神に仕え,神の戒めに従うために最善を尽くすという約束をします。イエスは教えました。「だれでも,水と霊とから生まれなければ,神の国に入ることはできない。」(ヨハネ3:5)これは,天国に入るにはバプテスマを受ける,つまり「水から生まれ〔る〕」ことが必要だという意味です。

バプテスマの約束

あなたが約束すること:ほかの人に奉仕する

「重荷が軽くなるように,互いに重荷を負い合う」(モーサヤ18:8)

「重荷が軽くなるように,互いに重荷を負い合う」(モーサヤ18:8)

あなたが約束すること:愛と思いやりを示す

「悲しむ者とともに悲しみ,慰めの要る者を慰める」(モーサヤ18:9)

神が約束すること:あなたに御霊を与える

「主からますます豊かに御霊を注いでいただけるように……」(モーサヤ18:10)

あなたが約束すること:良い模範となる

「いつでも,どのようなことについても,どのような所にいても,……神の証人になる」(モーサヤ18:9)

あなたが約束すること:神の戒めを守る

「主に仕えて主の戒めを守る」(モーサヤ18:10)

Restart
神が約束すること:あなたに永遠の命を与える

「神に贖われ,第一の復活にあずかる人々とともに数えられて永遠の命を得られる」(モーサヤ18:9)

末日聖徒イエス・キリスト教会のバプテスマは水に沈める方法で行われます。つまり,人は水の中に完全に沈められ,そして引き上げられるのです。聖書にはこう記されています。「イエスはバプテスマを受けるとすぐ,水から上がられた。」(マタイ3:16)水に沈めるバプテスマによって見事に象徴されるのは,罪を洗い流すことだけでなく,死と埋葬と復活も象徴されています。バプテスマはそれまでの自分の人生の終わりとイエスの模範に従うと決意した人生の始まりを示しています。

バプテスマを受ける方法を学ぶ

聖霊の賜物

バプテスマ自体意味のあるものですが,霊によっても生まれなければ,完全とは言えません(ヨハネ3:5参照)。それは,頭に手を置かれて聖霊の賜物を受けるということです。聖霊はバプテスマの後に与えられ,人生を通して,神の助けや導き,慰めをえることができるようになります。

よくある質問

「モルモン」,もう少し丁寧に呼ぶならば「末日聖徒イエス・キリスト教会」の会員については,多くの質問があることでしょう。

神は,たとえ亡くなった後でも,だれもが神のすべての祝福を受けられるように方法を備えました。バプテスマや他の不可欠な儀式は,機会がないまま亡くなった人の代わりに行うことができます。使徒パウロは死者のためのバプテスマについて聖書の中で語っており(1コリント15:29参照),末日聖徒イエス・キリスト教会の会員は,今日も神殿において同じ儀式 を行い続けています。

その仕組みはこうです。末日聖徒は家族歴史を調べ,バプテスマを受けずに亡くなった先祖の名前を探します。それから,その人たちのために教会員が神殿において身代わりのバプテスマを受けます。この奉仕は愛のゆえに行われます。死後も生活は続くので,亡くなった人はこの儀式を知って,受け入れるかどうかを選ぶことができます。

はい。天の王国に入るためには水と霊とから生まれる必要があることをイエスは明らかにしました(ヨハネ3:1-13参照)。

末日聖徒は,人がバプテスマを受けるには善悪の区別ができるべきだと信じています。そのため教会員は新生児のバプテスマを行っていません。そうではなく,子供は8歳以上になるとバプテスマを受けることができます。

もし,正当な権能を持たない人からバプテスマを施された,あるいは救い主がバプテスマを受けたときと同じ方法によってバプテスマが施されていなかった場合,再びバプテスマを施される必要があります。末日聖徒イエス・キリスト教会の会員になるために,バプテスマは必須条件です。

バプテスマの後,適切な神権の権能をもつ人がバプテスマを受けた人の頭に手を置き,末日聖徒イエス・キリスト教会の会員に「確認」して,聖霊の賜物を与えます。

ほかのテーマを探す

聖書は何を教えていますか?

聖書は,歴史を通して神がその子供たちを愛するのをやめたことは一度もないと教えてくれます。

あなたの家族は永遠に続くことができます

イエス・キリストが,わたしたちが死後家族や先祖と再会することを可能にします。

人生の目的

人生は,成長し,信仰によって生活し,幸福を見出し,神の家へと帰る準備をする時です。

堅固な家族を築く

神は家族を創造され,わたしたちが幸福を見いだし,愛ある環境で学び,永遠の命に備えられるようにしてくださいました。
Mormon.org Chat is typing...